ナポリタン

店名:
場所:
品名:
並び:
予算:
総合得点:   接客: 料理:  CP: 内装:
感想:


店名:むさしや
場所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1F
品名:ナポリタン
並び:0〜20人
予算:650円
総合得点:63   接客:50  料理:62  CP:75  内装:30
創業は明治18年。
ほとんどの人がナポリタンかオムライスを注文する。

新橋のナポリタンの中では麺が太くない方だ。
ケチャップベタベタの濃厚タイプで、具は少なめのピーマン、ベーコン、玉ねぎ。
そして一番の特徴は量。
他店の1.5倍くらいかね。少食の俺でも何とか完食できるけど、大盛りにしようとは
全然思わない。
オムライスについてくるナポリタンが既に1人前ぐらいありそうなのも凄い。

洋食だけど味噌汁が付く。
パスタじゃなくてスパゲッティだからいいんだ。

粉チーズは不満。
ふだんたっぷりと使う派なんだけど、このチーズ容器、全然出てくれない。
ドバドバかけたいのに。
もうね、右手で食べながら左手でチーズを振り続ける形にいつもなる。
それでもチーズの味を感じるだけの量が出ない。
ちなみにナポリタン注文者専用なので、それ以外の人が使うと怒られる。

どのメニューもうまいし、手際の良さには感心。


店名:ピッツェリア アンゴロ
場所:東京都文京区湯島3-36-8
品名:ナポリタン
並び:結構満席
予算:2000円〜
総合得点:65   接客:60 料理:65  CP:50 内装:60
飲み屋が集まる小道にあるバル。
お通しのサラダからして期待できる。
ナポリタンだけじゃなく、他のメニューもおすすめ。

店名:The CAFE
場所:神奈川県横浜市中区山下町10ホテルニューグランド1F
品名:ナポリタン
並び:無し
予算:1600円
総合得点:80   接客:85  料理:70  CP:40 内装:90
ここに来るのは、中華街でランチをした後のお茶の時間が多い。
お茶の時間だけど注文するのはナポリタン。我々ナポリタン研究家はここを聖地と呼んでいる。
この場所こそがナポリタン発祥の地と言われているからだ。

具はハム、玉ねぎ、マッシュルーム。見た目は普通のナポリタンである。が、完成度は高い。
当時からレシピが変わってないのに、このレベルの高さは只者ではない。

俺はこのナポリタンをとても気に入っているのだが、ナポリタンっぽくないって意見も良く聞く。
町の喫茶店との違いは、トマトソースorケチャップ、中細麺or極太麺の2つだろうか。
おいしければどっちでも良いのだ。 

店名:レストラン馬
場所:埼玉県新座市野火止5-1-32
品名:ナポリタン
並び:無し
予算:忘れた
総合得点:70   接客:90 料理:70  CP:60 内装:65
行きつけの店。
普段はハンバーグかライスグラタンを食べるので、ナポリタンを選択することは滅多に無い。
と言うか一度しか食べていない。
これぞナポリタンって感じの王道的な物だったと思う。

店名:レストラン銀月 (ぎんげつ)
場所:東京都板橋区宮本町65-1
品名:ナポリタン
並び:無し
予算:550円
総合得点:48   接客:45  料理:48  CP:55  内装:45
この店は独特の臭いがある。昭和の臭い? 和洋中ありとあらゆるメニューが揃う飲食店。
恒例のナポリタンチェック開始。
量はやや多め。クラフトの粉チーズ、タバスコが付属。具は豚肉、ハム、玉ねぎ、タケノコ。
ハムが入っているのに豚肉が入っている。この肉のせいもあり食べ応えがある。
タケノコはナポリタンでは変わった具材だが、小さくカットされていて違和感はない。

店名:ヨシカミ
場所:東京都台東区浅草1-41-4
品名:ナポリタン
並び:平日は0〜数人、休日は30人程度。
予算:1100円
総合得点:48   接客:40  料理:52  CP:40  内装:45
「うますぎて申し訳ないス!!」のフレーズが鼻に付くヨシカミ。
具はハム、インゲン、マッシュルーム、たまねぎ。
ピーマンの代わりにインゲンを使っているのが特徴。

なぜこんなに混んでいるのか理解の出来ない店。
値上げのペースが速いのもいただけない。
まずいわけではないけど、混雑度、価格、高飛車な接客を考えると、どうしても他の店
に足が向く。


店名:銀座 コージーコーナー
場所:あちこち
品名:ナポリタン
並び:無し
予算:1000円前後
総合得点:50   接客:50 料理:51  CP:45  内装:48
コージーコーナーにもナポリタンは存在する。
画像のはフェア中のナポリタンでいつものとは違った。
具が多くてナポリタンっぽくない。


店名:ベル
場所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1京急百貨店1F
品名:ナポリタン
並び:無し
予算:472円
総合得点:45   接客:45  料理:40  CP:55  内装:40
喫茶店でナポリタンを見かけると食べずにはいられない。恒例のナポリタンチェック開始。
具はベーコン、ピーマン、マッシュルーム、それに人参と玉ねぎの微塵切り入っている。
やや人工的な感じのナポだ。
おそらく既存のナポリタンペーストにピーマンを加えて仕上げているのだと思う。満足度は低いが、
値段も472円と安価だしこんなものかな。 

店名:ニュー安房屋
場所:東京都足立区千住1−21−9
並び:無し
画像: 左 外観  中 ブラックペッパーサラダ  右 ナポリタン
予算:1000円程度から
総合得点:50   接客:55  料理:50  CP:50  内装:50
昭和13年からあるレトロな洋食屋。
ナポリタンは正統派。具はチキン、ピーマン、タマネギ、グリンピースだよ。


店名:カフェプレール
場所:京都駅新幹線改札内
品名:ナポリタン
並び:概ね満席
予算:730円
総合得点:52  接客:40  料理:55  CP:50  内装:30
ナポリタン気分になったので待ち時間を利用して食べてみた。
具はタマネギ、ハム、マッシュルーム、トマト。ケチャップの度合いはやや強め。
駅中の旅行者向けの店ながら、まぁまぁ満足のできるB級ナポリタンだ。

店名:サンモリノ
場所:東京都立川市曙町2-2-25 第一デパートB1F
品名:ナポリタン
並び:
予算:550円
総合得点:43  料理:40  接客:60  CP:60  内装:15
昭和の空気が充満している第一デパートの地下にある。
壁にはゲッツ板谷とサイバラのサインが。

サンモリノ漬けが面白い。キャベツの漬物を唐辛子でまぶしただけのものだが、
なかなかハマる。お替わりは50円だけど山盛りなので注意。

ナポリタンを注文すると、マスターが「ファイト一発 ナポリタン」って言うのは実話だ。
お釣りを渡す時に「はい、500万円」って言うのも実話だ。