黄金の城

(1986 タイトー)







8方向レバー+3ボタンの格闘ゲーム。(一部横スクロールアクション)

レバーで盾を上中下に動かし、3ボタンで剣を上中下に振る。

相手の攻撃にカウンターで剣を合わせるのがこのゲームの基本。

これを続けるだけでクリア可能だ。

そんなゲームだから、1回のプレイ時間も長かった。

永パ防止キャラもいないし、剣を折ればジュースを買いに行くのも可能だ。

ループモードに設定してあれば、ラスボスを倒した後2周目に突入する。



タイトル。

道中。
レバーを上下に激しく振ってバリアを張れ。
思春期の男児はバリアを張るのが早い。

剣を4本拾うと赤い剣になる。
そして戦いの途中で黄金(無敵)になる。

戦い方の基本は、相手の剣を折って戦闘不能にすること。
自分の剣はなぜか絶対に折れない。どんな素材だよ。


このゲームのメインキャラはこいつだ。

剣を折り盾を壊し、鎧を1枚1枚丁寧に剥いでいく。
間違えて殺しちゃうとすげー悔しかった。
自分が死ぬのよりも悔しい。

 
倒した敵はグリグリしたり、武器を奪うことができる。

おっぱいを露わにして「待って〜 抱いて〜」って言ってるように見える。

無敵状態。
短いし、いきなり切れるので注意。

棍棒。
破壊力がアップ?

アマゾネス。名前違うかも。
初めから裸なので、脱がせる楽しみがない。

バッポス(火を吹くやつ)とアマゾネスだけは武器を折ることができない(飛び道具だからね)
ので、速攻で倒すのを推奨する。

盾を上下に振っていると上に昇れる。
ジャンプする時も同様。

ラスボス。

 
ラスボス変身後。
頭以外を攻撃しても倒せない。その部分が透明になるだけだ。
盾を壊し剣を折り、透明人間にさせてみた。

これが結構防御堅くて、倒せない時は本当に倒せないんだよな。

エンディング。