ジャングラー

1981 コナミ







4方向レバー+1ボタン。

ジャンルは・・・固定画面アクションかな。

とても好きなゲームで毎日やっていた。

なぜあんなにハマったんだろう。



タイトル。
遊び方説明が表示される。

自分より短い敵(黄色)なら体当たりで倒せるが、長い敵(赤色)に突っ込むと
ミスになってしまう。
ショットで敵の尻尾を短くして黄色にするのだ。


苺を取ると尻尾がひとつ増える。
最大値になれば全ての敵が体当たりで倒せるようになる。

最大値で面クリすると、1つはストックされて残機として使えるようになる。


背景が緑色の面は敵を倒すごとに尻尾が増える。
このボーナス仕様な面を当時「フエルメント」と呼んでいた。
尻尾が増える面だからフエルメント。子供の発想だ。


ストックされた残機を使用。
この短いのも好きだった。
短いほどスピードが速いよ。